WordPressプラグイン JetPackの連携認証ができない。

WordPressを利用している方の大半が使用していると思われるプラグイン Jetpack のwordpress.comアカウントの連携認証時に「Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります。」とエラーが出た際の回避(模索?)方法となります。。

Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります: site_inaccessible
エラー詳細: The Jetpack server was unable to communicate with your site [HTTP 403]. Ask your web host if they allow connections from WordPress.com. If you need further assistance, contact Jetpack Support: http://jetpack.me/support/

原因はwordpress.comからxmlrpc.phpへのアクセス制限されていることで、殆どの方が身に覚えがないと思いますが、レンタルサーバ上で制限されるようになったことが原因としては多くありそうです。

XML-RPC(XML-RPC WordPress API)を悪用した不正なアクセスが増えていることで、「XML-RPC」に対する国外IPアドレスからのアクセス制限を設けるレンタルサーバ会社も散見されています。
2015年5月頃から宣言をしているところが多いようでXSERVERも制限を設けていました。

多くの場合、レンタルサーバのコントロールパネルの設定などの設定で、「WordPressのセキュリティ」などの項目があり、ここで、国外からの「XML-RPCアクセスを許可する」の設定にすれば解消できると思います。

JetPackの連携認証は一度行えば大丈夫なので、連携認証あとは、元もアクセス制限する設定の戻しておいた方が良いと思います。

なお、JetPackの連携認証にはwordpress.comのアカウントが必要ですのでアカウントがない場合は作成してから連携認証を行ってください。

(Visited 382 times, 1 visits today)