Webサイトを高速化! HTTP/2対応のレンタルサーバ

Webサイト制作では、Retinaディスプレイ対応やJS、CSSの肥大化など圧縮をしてもデータ容量が大きくなりページ読み込みに時間がかかる事も少なくないと思います。
ユーザの離脱にと繋がりかねない事もあり、できるだけページ読み込み時間は短縮したいところですよね。

常時SSL化も多くなっており、SSLが導入されていればHTTP/2対応することで読み込み速度を速くすることが出来ます。
専用サーバやVPS、クラウドサーバは自身で設定する事が出来ますが、コマンド操作による設定が必要な為、サーバの知識が必要となりますが、レンタルサーバでも対応しているところも多くなってきていますので紹介したいと思います。

HTTP/2とは

HTTP/2とは、SSL化したWebサイトで、通信効率を高めることで、ページ表示速度を速くする通信規格です。
従前のHTTP/1.1による通信ではサーバリクエストを順番にレスポンスする流れでしたが、HTTP/2通信では、複数のリクエストを同時に処理することができるので、ページ全体の読み込み速度を速くなります。

HTTP1.1とHTTP/2のリクエスト、レスポンスの流れは下図のようになります。

この図だけ見ると、HTTP/2は断然早いように見えますが、実際はあまり差が出ないことが多いです。
しかし、TwitterやFacebookなどのSNSやgoogle、Yahoo!、食べログなど大規模なWebサービスでも利用されており将来性は高いと思います。

HTTP/2の効果が有るサイト

  • SSLに対応しているサイト
  • 画像などのファイルが多いサイト
  • 細かいCSSやJavaScriptを大量に読み込むサイト
  • サイトのドメイン内にファイルが集約されている

HTTP/2の効果が無いサイト

  • SSLに未対応のサイト
  • 動画主体のサイト
  • ZIPファイルなど1ファイルの容量が大きいサイト

対応レンタルサーバ

対応しているレンタルサーバを紹介します。いずれのレンタルサーバも無料のSSL証明書、Let’s Encrypt に対応しているので追加費用無しで利用可能です。
また、全プランで対応していますので最安プランでも利用可能です。

さくらインターネット

料金:ライトプラン 月額129円(税込)〜



スターサーバ

料金:エコノミープラン 月額126円(税抜)〜



XSERVER

料金:X10プラン 月額1000円(税別)〜



ロリポップ

料金:エコノミープラン 100円(税別)〜



WADAX

料金:ブロンズ Type B 1188円(税込)〜



(Visited 85 times, 1 visits today)